« 【黄金の金曜日】即戦力 | Main | 【黄金の金曜日】ブログ術 »

兆し

しみじみと読んで行き着いたキーワードは「兆し」でした。

文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (上)

単なる環境問題の本として読むと、何か大きなものを失ってしまいそうです。
文明が崩壊する過程で、結果として環境破壊も起こってきているのですが、そこには「起きてしまった」という側面と「起こしてしまった」という側面が混在しています。そして「起こしてしまった」最初の段階では必ず兆しがあるのですね。

残念なことに私たちはこうして本を読んだり、岡目八目の立場に居れば見えることが当事者になったとたんに見えなくなってしまいます。では、岡目八目の立場を意識し続けるにはどうしたらいいか、ということですが、一つには「高みを意識する」ということだと思います。「目標」といってもいいのですが、「目標」は気をつけないとすぐに目の前のことに置き換わってしまいます。

目の前のことを淡々とやることも必要な時期がありますが、そういう時でも「高みを意識する」ことを忘れないようにしないと「淡々とやっていたはず」のことが「目の前の欲に振り回されていた」ということになりません。そうなってしまったときに、人は深みに嵌り、文明は崩壊するのだろうと思います....

が、下巻はどうなっているのやら。

|

« 【黄金の金曜日】即戦力 | Main | 【黄金の金曜日】ブログ術 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 【黄金の金曜日】即戦力 | Main | 【黄金の金曜日】ブログ術 »