« ハイパー・メリトクラシー | Main | 【黄金の金曜日】エイプリルフール »

【黄金の金曜日】よい職場には○○がある

「なんだか、まだ水曜日の気分なんだけど」と思いつつ、今週も【黄金の金曜日】です(一週間が早くてびっくり)。今週のお題は、「よい職場には○○がある」、です。

「よい職場には○○がある」という文章の、○○に入る言葉を考えてみてください。その言葉を選んだ理由は何でしょうか。 (例:競争、自由、ビジョン、よい上司、コーヒーサーバー …)

さて。これはですね。いろいろ挙げられますが、一つに絞るとすると

「間(ま)」

ですね。

・教えすぎない
・考えがでてくるのを待つ
・いつまでもダラダラと待たない
・集中力を上げるために気を抜いてみる
・チャンスと観たら間髪を入れずに手を打つ

などなど、みんな「間」を上手く取れるかどうかにかかっているように思います。仕事って相手があってのことですから、関わりあう人や物事との間を的確に見切ることができるかどうかということが、打ち手の確かさを決め、成果を左右すると思うのですよ。

「間」を的確に見切る人同士が集まったプロフェッショナル集団だと、管理があるようでないような、自律式の組織集団になっていくのだろうと思います。イメージとしては、氷でも蒸気でもない、変幻自在の水のような組織。そんな組織(職場)が理想です。・・・しかし、理想を描いたら、現実を見てギャップを正しく把握しなければ(汗)・・・

|

« ハイパー・メリトクラシー | Main | 【黄金の金曜日】エイプリルフール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ハイパー・メリトクラシー | Main | 【黄金の金曜日】エイプリルフール »