« 【黄金の金曜日】本の選び方・買い方 | Main | 【黄金の金曜日】デスクまわりの小物 »

【黄金の金曜日】本番で成功

荒川選手、見事でしたね。選考段階から漂っていた気迫が充実感になってそのまま昇華したというようなスケーティングでした。金メダルが二つあったら、もう一つはスルツカヤ選手に上げたいような気分だったのですが、すべり自体は硬かったですね。トップ6人の選手の演技を観ていて、それだけの大きな舞台で実力を発揮するということは難しく、すごいことなのだということが伝わってきました。

さて、その荒川選手にちなんで、本日の御題は「本番で成功」だそうです。

荒川静香選手おめでとうございます!というわけで、 「本番で成功」というキーワードで一席お願いします。 学芸会、学会発表、プレゼン、営業などなど。 成功の鍵は何でしたか。どのように緊張を乗り越えましたか。 自分でなく友人やお子さんの成功話でもOKです。

つまらない話になってしまいますが、学会発表でもプレゼンでも、あるいは資格試験でも、「うまく行く」時は必ず事前準備が十分にできているときですね。「これは、この程度でいいか」とお茶を濁したものは、まず、アウトです。

想定質問をいろんな方面から予想して、聴き手の思考のクセを把握してストーリーだてたプレゼンであれば、まずたいてい満足した結果が得られます。試験も一緒ですね。試験というのは、必ず試験をする側に「こういう人をとりたい」とか、「この資格を持つ人は、こういうことができる人であって欲しい」という意図があるわけですから、その意図を把握して照準をきっちり定めることができれば、あとは勉強するだけで試験はとおります。

巷で効果ありと言われる「イメージトレーニング」もやりますが、事前準備が不十分でもイメージトレーニングさえやっていればOKということは、まずありません。そもそも事前準備が不十分の場合には、しっかりしたイメージは描けませんから。

それともう一つ。「全く緊張感がなかった」時のプレゼンは、たいてい悲惨な結果に終わります。きっちり事前準備ができたときのプレゼン、学会発表というのは、口演の直前に緊張感が高まって始まると一気に集中力に変化するというパターンが多いように思います。良く、「実力以上のものが出せた」という話を聴きますが、「実力以上(と思っているもの)を出せる」ということ自体が「実力」なんじゃないかと思います。

結局、本番でうまくための秘訣というのは、

目指すところを決めて、そこへの到達プロセスを確認して、やるべきことをやる

ということに尽きるのではないでしょうか。

|

« 【黄金の金曜日】本の選び方・買い方 | Main | 【黄金の金曜日】デスクまわりの小物 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 【黄金の金曜日】本の選び方・買い方 | Main | 【黄金の金曜日】デスクまわりの小物 »