« October 2005 | Main | December 2005 »

戦略の本質

Amazonでの評判はあまり良くありませんが、個人的にはとてもツボに嵌りました。

戦略の本質 戦史に学ぶ逆転のリーダーシップ

「人は失敗からしか学ぶことができない」

「“譲れないもの”が無ければ勝つことはできない」

ということに尽きます。
もちろん、常に“Plan B”を用意しておく、戦術を目の前の局面打開だけに用いるのではなく、相手の戦略に狂いを生じさせるように用いるなどなど、細かいことも読み取れるのですが、突き詰めていくと「失敗から如何に学ぶか」ということに尽きます。「失敗」という言葉がネガティブな印象を与えるのであれば「うまく行かないやり方から、何を学ぶか」と言い換えても良いです。競合に勝てたとしても、「では何故競合上手くいかなかったのか」「自分たちが競合の立場にいたら、何をすべきだったのか」ということを現実に落とし込んで考えていくことが、次の勝ちに繋がります。そうやって勝って来たのが第二次大戦の米国であり、日本のバブル崩壊後の米国経済であったのだと思います。

戦略についてはいろんな定義がありますが、要は「継続的に上手くいくやり方」を実行し続けることでしょう。ただ、考えうる全ての手を片っ端から打っていくことはできません。「時間」というファクターが効いて来るからです。不利な状況にあればあるほど、最も有効と思われる手を見誤ることなく打っていかなければなりません。そのためには「これだけは譲れない」「この最終目標を達成するために、今のプロセスがある」ということをはっきりさせておかないと、有効ではない手を、有効と見誤ってしまう危険性が高まります。議会にドイツとの和平論が出てきたときに、それにチャーチルが乗じることがなかったというのは、「譲れないものが何か」がはっきりしていたからでしょう。

一言で言ってしまうと「選択と集中」ということになりますが、「選択する」という行為の深遠さを理解しないと「誤った集中」による悲惨な結果を招くことになるということも、この6つの事例から読み取ることができます。

逆転に成功した立場からだけでなく、逆転されてしまった立場からも読んでみることをお勧めします。

| | Comments (0)

【黄金の金曜日】頭字語(Acronym)

週ごとにお題がパワーアップする【黄金の金曜日】。今週は、頭字語(Acronym)です。

★今週のお題★ 「お気に入りの頭字語」

味付けの基本は「さしすせそ」。仕事の基本は「KISS」。
頭文字をつなげて大事なことを覚えるのは、洋の東西を問わない生活の知恵。
仕事の心得、何かを忘れないためのチェックリスト、何でも構いません。
あなたが折に触れて思い出すような「頭字語」はありますか?
ただ単に「面白い頭字語(Acronym)」でもOK。日本語でも英語でも。

※頭字語(Acronym)とは、『複数の単語から構成される語の頭文字を繋げて作られた語』(Wikipedia)です。

ほーら、難しいじゃありませんか。。。と、その「難しい」と思ったときに役立つのがNOPSの法則です。この言葉は、フォトリーディングの集中講座を受講したときに教わったもので、結構気に入っています。

問題に気づき(Notice it)
認め(Own it)
楽しみ(Play with it)
共存する(Stay with it)

NOPSのNOは「まず、問題を直視しよう」ということですが、問題だと感じていることの多くは直視してみると大した問題ではなかったりします。「わー、難しい」という考えで頭が一杯になったときも、「具体的に何を難しいと思っているのか」と考えてみると、実は何の根拠もなく難しいと思い込んでいただけだったということもありますし。
NOPSのNOの部分だけでもかなりの恩恵があるので、このAcronymは結構好きです。

Acronymからはちょっと外れますが、脱力系だと「ほくほくフィナンシャルグループ」が最近のヒットです。北陸銀行と北海道銀行がくっついたらしいのですが、「そうか。頑張りたまえ」と言いたくなるようなネーミングでなんとも形容しがたいものがあります。今年の3月期決算は良かったようですから、「ほくほく」でよかったのかもしれませんね。

| | Comments (0)

ウズベキスタンの桜

「本屋で呼ばれた」ような感じがして思わず手にとってしまいました。

ウズベキスタンの桜

物腰が柔らかなのに、一本、芯の通った凛とした雰囲気をお持ちの方だと思っていたのですが、その理由がわかるような気がしました。ウズベキスタンに大使として滞在されたことがあったのですね。しかもキルギスでの日本人人質事件で解決に向けての大きな役割を果たしていた方だったという事実を初めて知りました。

自慢話に終始してもおかしくないような話題なのに、伝わってくるのはウズベキスタンやタジキスタンの人々、若い日本人外交官に対する中山さんの圧倒的な感謝と敬意で、読んでいてじわっと感動が湧いてきます。と同時に、経済的な面で欧州からも米国からもほとんど省みられることのないウズベキスタンという国の、志操の高さにも心打たれるものがあります。税金がODAとして活用されるのなら、こういう国に使って欲しいと思うほどです。

読むと身の引き締まるような話だけでなく、ウズベキスタンという国の生活の風景も感じられる楽しい本です。休日のお供にどうぞ。

| | Comments (0)

【黄金の金曜日】学校では教えてくれなかった…

発想七日!の【黄金の金曜日】の日です。

今週のお題は、これです。

少年老い易く学成り難し。社会に出てから、 「これは学校で学ばせておいたほうがいい!」 と思った知識・スキルなどはありますか? 「学校」のイメージとしては高校以下くらいですかね。

田坂さんの著書に良くでてくる言葉ですが

衆知を集めて、独りで決める

ということですね。

先日も書きましたが、世の中で白黒はっきりしていること、悩まないで決断できることなんてごく一握りのことです。たかだが18歳で自分の進路を考えるにしたって、決断の連続です。昼時にソバにしようか、カレーにしようかというのだって立派な決断です。

たいていの場合、「後悔」というのは決断のどこかのプロセスを他人に委ねてしまった場合に生じます。「ソバを食べたかったのに、連れが“カレーがいい”というからカレー屋に入ったけれど、やっぱりソバが良かったな」というよう経験はありませんか?もちろん、案を絞り込む過程では十分に他者の意見も考慮する必要があります。それは悪いことではありません。ただ最終的な選択の段階で「ここまで考えて決断したのだから、予想と違う結果になっても仕方がない」というところまで考え抜かないと、予想外の結果に終わったときに必ず後ろ向きの理由を探すことになります。逆に徹底的に考え抜いた末の決断であれば、大きく予想が外れたときにでも、決断のプロセスのどこに問題があったのかというところに思考の焦点を合わせやすくなります。

単純に考えて、「後ろ向きの理由」を探し続ける人生って、結構つらいのではないかと思うのですよね。だからこそ「ポジティブ思考が大事」とは言われるのだろうと思いますが、「後ろ向きの理由」を探し続ける発想しかない状態で念仏のように「ポジティブ、ポジティブ」と唱えても効果は知れています。やるべきことをやるからこそ「ポジティブ思考」になれるのだと思うのです。

これから大人になっていく子供たちには、自立して「後悔しない決断」をする大人になってほしい、「真のポジティブ思考」を身につけて欲しい、そう思います。そのためにも「手に入れられる材料を基に、自分だったらどう行動を起こすのか」ということを自分なりに考えるような訓練の場が必要なのではないかと。学校の先生に任せておくだけではなく、地域の大人が自分の職業体験などを通じて「今、何をすべきか」を考えさせるような活動をしていくことが、解決策の一つになるのではないかと思いました。

誤解をさけるためにつけ加えておくと、知識の習得は、それはそれで必要だと思います。高度経済成長のような「兵隊さんが必要」な時代が終わって、独創性などが重視されるようになって、まるで暗記や暗誦があたかも悪いことのように言う風潮が一部にありますが、頭の柔軟な時期に一通りの知識を頭に叩き込んでおいたほうが良いと思います。知識というのも独創性を発揮するための重要な土台ですから。解剖学とか生理学のような基本的な知識の無い人が、画期的な治療法を発案することなんてできませんよね。それと同じことです。
そういう基礎知識の充実を基盤として、プラスアルファで「考える」という訓練をしていくことが、子供たちの将来の生き方に自由度を与えていくことになるはずです。

| | Comments (0)

【黄金の金曜日】文化

ちょっとエントリーが遅れてしまいましたが、【黄金の金曜日】です(まだ気分は金曜日)。

★今週のお題★ 「文化」

昨日は文化の日でした。そこで…
自分の身の回りに「定着したら嬉しい文化」を一つ挙げるとすると、それは何ですか?
「文化」というと大げさなので、習慣とか考え方とかでOKです。

そうですね...
最近、考えているのは「流されない」ということですね。「流されない文化」

世の中が、「次はこれ!」と言ってワーッと寄っていくときに、ふと立ち止まって「本当に自分もそちらにいくべきなのか」と考えてみるとか、
陳腐に聞こえるかもしれませんが、伝統や日本固有の文化芸術を大事にするとか、
仕事の基本を常に確認するとか、

「周囲がどうあろうと、自分の芯を見つめてこつこつ進んでいく。でも頑迷でもなく、自己満足でもない」

というスタイルが静かに浸透していくといいなぁと思います。ちょうど調理場という戦場で描かれているベルナールさんのような生き方が1つの理想像として扱われるような社会になると、随分とお互いに暮らしやすくなるような気がします。ベルナールさんは、静かだけれども揺るぎのない自己を確立している方なんですよね。相手に対して「あなたの考え方も理解できるよ」と口で言うのは簡単ですが、自分の芯とか背景にある伝統文化への造詣を深めていかないと、本当に他者を理解したり、相手の立場を尊重することなんてできないのではないかと思うのです。
自国の伝統文化に誇りを持ったり、大切だという感情を持つからこそ、相手が大切に思うことを理解できる。そんな気がします。

表面的な動きに流されずに底流に流れるものを見つめていくことの出来る、そんな文化が広がるといいな、と思います。

| | Comments (0)

箱―Getting Out Of The Box

まだ、読んでいません(キッパリ)。

箱―Getting Out Of The Box

現物が手元届いたばかりなもので。

実はこの本はムギさんのサイトで発見して気になっていたのですが、「マーケットプレイスで買うと高いし、原書にしよーかなー」と迷っていたのでした。ところが、あり血WSの懇親会でお話ししていただいたお二方が、口をそろえて「あれはいい本だ!」と仰るではありませんか。

んで、翌日の日曜日、自宅からはちょっと遠い図書館にいそいそと行きました。

「あったけど...2ヵ月以上も待つわけ?」

読みたい本は、誰が何と言おうと早く手に入れて読みたいものです(私のばあい)。なので、マーケットプレイスに発注してしまいました。ゲットして一安心。
ちなみに、この本ややはりリクエストが多いらしく、復刊ドットコムでもリクエスト投票が行われています(No.27132)。100票になったらただちに復刊されるというわけではないのですが、今のところ95票まできているので(私も投票しておきました)ダメもとで投票してみてはいかがでしょう。

| | Comments (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »