« 調理場という戦場 | Main | 箱―Getting Out Of The Box »

【黄金の金曜日】いまお勧めの一冊

恒例の発想七日!の【黄金の金曜日】です。
今週のお題は「いまお勧めの一冊」

読書週間です。今年読んだ本の中で 「人にお勧めしたい一冊」 はありますか?どんな人に、なぜお勧めしたいかもできれば添えて。

もう、これは即答です。
【亞】さんの、「リーダーの易経」です。

リーダーの易経―時の変化の道理を学ぶ

【どんな人に勧めたいか】
全ての人に。
学生さんから、「もうリタイアしちゃった」という人まで。職業に関係なく、「一読」ではなく「何度も」読むことをお勧めします。

【どうして?】
生涯にわたって「師」になってくれる本だから、です。
それも、「あなただけ」の「師」になってくれる本だから。

若い頃は、年長の人がいろいろと、「それはまずいよ」「そういうことはやめておいたほうがいいよ」と忠告してくれますよね。言うほうも言いやすいし、言われたほうも素直に聴ける素地が多いから、忠告する・してもらうという関係を築きやすいのだと思います。でも、だんだん、中堅とかベテランといわれる年代に入って、自分でも「それなりにやってきた」という自負が生まれてくるとそうも行かなくなります。周囲もクチを挟みにくくなるし、本人にも「なんでコイツに」みたいな意識が生まれやすくなります。それは大いなる罠なのですが、突っ走っているときはなかなか自分では気付きにくいですよね。そういう時に、メンターになるような人に出会えれば良いのですが、全ての人がタイミングよく、いいメンターに巡り合うことが出来るわけではありません。そういう時に、昔から人は書物の中に「師」あるいは「道標」を見つけて、それを灯として自分の行く手を照らしてきたのだと思います。

易経は、「そろそろ危ないよ」ということを自覚させてくれる本なのです。そして、「自分の軸」にブレがないかどうかということを検証させてくれる本でもあります。大げさな言い方をすると「生きる指針」を示している書物と言うこともできます。「自分はどういう生き方をしたいか」ということを考えている人にとって、一つの道標となる本だと思います。

ただ、いきなり易経を通して読んで、自分や古人のエピソードに当てはめて解釈して...というのは、かなり難しいです。この本も比較的解説が充実していて読みやすいのですが、それでも素人が挑むにはハードルの高い本です。【亞】さんの、リーダーの易経は、具体的事例を引用しながら、「こういうふうに読むといいんですよ」ということを分かりやすく伝えてくれているので、読んだことを噛み締めやすくなるんですね。初心者向けにハードルを下げて、でも内容は薄めていない、という稀有な本です(コストパフォーマンスが良すぎです)。

私も、まだまだ何度も読み直している最中です。
「迷いが多いな」と感じている全ての人にお勧めします。

|

« 調理場という戦場 | Main | 箱―Getting Out Of The Box »

Comments

コメントありがとうございます。
土曜日も、宴会の場で「今年のイチオシはコレ!」と叫んでしまいました。四大難卦シリーズも楽しみにしています。

Posted by: NERO | October 31, 2005 at 11:10 PM

またまたご紹介、ありがとうございます。
書いて良かった!(笑)
マジで嬉しいです。
最高の評価、感謝いたします。

Posted by: | October 30, 2005 at 11:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 調理場という戦場 | Main | 箱―Getting Out Of The Box »