« リーダーの易経 | Main | 「リーダーの易経」 »

【黄金の金曜日】ひらめきを得るための工夫

もう、なんだかクセになってしまった【黄金の金曜日】シリーズです。

今週のお題は、

「ひらめきを得るための工夫」

ということですが、あまり大したことはやっていません。

「歩く」

「うたた寝する」

の二つだけです。
歩いているときって、血行が良くなるせいかもしれませんが、「プレゼンの組み立てをこう変えてみよう」とか、「あそこの文章をこういう言い回しにしよう」などなど、いいアイディアが浮かんだりします。
うたた寝も、寝入りばなにかなりいいアイディアが浮かんでくることが多いですね。

ただし、私の場合「歩く」「うたた寝する」を効果的に使うには、条件が三つあります。

1. アイディアを得たいことについて徹底的に考えてみること
2. それから時間を置いて熟成させること
3. メモを常備すること

1.と2.をやっておかないと、そうそう都合よくアイディアなんて浮かんでこないですし、3.がないと、浮かんだアイディアは、ほぼ8割方忘れます(で、もう一度うたた寝すると思い出したりしますが)。特に2.の熟成期間を置くのが私の場合は非常に重要です(なので、大掛かりな仕事はなるべく早めに着手するほうです)。

もっとも、これは私だけの特殊事情ということでもないみたいです。もはや古典と言ってもいいかもしれない、アイデアのつくり方という本にも「問題を完全に放り出してしまうという段階も、アイディアを生むための不可欠な段階である」との記載がありますから。
このアイデアのつくり方という本は、いい本ですよ。こんなにコンパクトで薄いのに、読めば読むほどうまみの出てくる文章が詰まっています。Kojiさんのお題のおかげで、ひさびさに読み直しましたが、読み直すたびに新たな気づき与えてくれる本だということ改めて感じました。

追記、【黄金の金曜日】つながりのohashiさんが、このアイデアのつくり方について、深く掘り下げていらっしゃいます。事実と事実の間の関連性を見つけるということとはちょっとずれますが、そういえば私もおちゃらけて、「そんなものは無いでしょうよ」という組み合わせを考えるという遊びをやってみることがあります(垂直着陸のできるジャンボジェット機とか)。そういうことをやりだしたのもこの本に出会って「新しい組み合わせ」を意識しだして以降のことだったと思います。こういう発想トレーニングは時間や費用をかけずにできるのがいいですね。

|

« リーダーの易経 | Main | 「リーダーの易経」 »

Comments

こんばんは。TB&コメント、ありがとうございます。こちらこそです。ずっと忘れていた本を読み返すことができてよかったです。後で気づいたのですが、「話題の“麹”(こうじ)」って、「発想七日!」のkoji(こうじ)さんと掛かっていますね。「黄金の金曜日」は、まさに「ブログネタの“麹”」ですよね。

Posted by: ohashi | August 28, 2005 at 09:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« リーダーの易経 | Main | 「リーダーの易経」 »