« 【黄金の金曜日】ひらめきを得るための工夫 | Main | 順調であっても省みる »

「リーダーの易経」

ようやく入手しました。

リーダーの易経―時の変化の道理を学ぶ

「今取り組んでいるこの部分は潜龍かも」「人材育成とはいっても自分はそれにふさわしい“大人”のレベルに達しているだろうか」など、いろんな場面に龍の変遷過程を当てはめながら読みました。この、「龍の変遷過程」は読む時の状況に合わせて、あーかもしれない、こーかもしれないという思考をめぐらせながら読むことができます。それはかなり頭を酷使する作業でもありますが、同時にとても楽しい瞬間でもあります。

1度は通読し、2度目は「潜龍」「君子終日乾乾す」「火天大有」など、特に今の状況で注意して読んでおくところにポイントを絞って読みました...といいたいところですが、読み始めると、「あれ?あそこはどういう卦だったっけ?」ということで、あちこちを行ったり来たりして読むことになりました。しかもそのたびに気づくことが違います。
万華鏡のようにいろんな姿を見せてくれる本で、こんなに費用対効果が高くてよいのだろうかと思うほどの内容です。この1,400円は「買い」です。ベストセラーにもなって欲しいですが、むしろロングセラーになって欲しい本です。

最近、「専門分野についてもっと勉強したい」という気持ちが高まっていたのですが、昨日のあり血WSに参加している中で、その気持ちの根っこには「もっと人に与えられるものを増やしたい」という希望があったということが確認できました。「水地比」のリーダーもそれはそれで必要な存在と思いますが、私自身は「火天大有」タイプの在り方を目指して行きたいですね。

|

« 【黄金の金曜日】ひらめきを得るための工夫 | Main | 順調であっても省みる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 【黄金の金曜日】ひらめきを得るための工夫 | Main | 順調であっても省みる »