« 暗黙知の次元 | Main | 伊藤賢さん ワークショップ開催! »

「決定的瞬間」の思考法

菊池さんとのコーチングのセッションを終えたとたんに、「リーダーシップとは決断ではないか」とハッと思い立ち、

① 様々な状況で起こる「決断の迷い」に決定的処方箋は存在するのか?
② だとすればそれはどのような処方箋なのか?
③ どうすれば使えるのか?

という3つの質問をあらかじめ用意して読んだ本がこれです。

「決定的瞬間」の思考法―キャリアとリーダーシップを磨くために


J&J社のタイレノール事件は有名ですが、この本を読むとJ&J社の決断の本質がどこにあったのかを垣間見ることができます。「J&J社の企業理念が素晴らしい」という単純な話ではありません。「タイレノール事件でのJ&J社の対処は素晴らしかった」という情報だけしかもっていない人は、是非、違う側面があることをこの本を通して知っていただきたいと思います。きっと「マスメディアの情報を鵜呑みにせずに、自分で事実を確認すること」の大切さを痛感することになると思います。

この本はさらに、事実確認の重要性に加えて、古典から学び自分で考えること-「温故知新」の大切さも伝えてくれる本です。そういう意味でも一読をお勧めします。

さて、上の3つの質問に対する答えは次の通りです。
① 処方箋はある。
② 決断に至る長くて複雑なプロセスを、自分の考えに
   基づいて進めること
③ 決断をしなければならないとき、「四つの質問」
   ついて考え抜いたかどうか、自省してみること。

「四つの質問」は、本書の第7章「真実はプロセスにあり」にでてくるので、気になる方はそちらをご覧ください。念のため申し添えておきますが、この本は、「どう決断すれば良いか」という質問に対しては答えを示してくれません。「いつもイケイケドンドンでさっさと決断したい。内省などしているヒマはない」という方には向かない本です。

しかし、「より良い決断をするためには、どのようなプロセスで考えれば良いか」という質問には、非常に力になるヒントを提示してくれています。決断に迷ったときに、自分の頭の中を整理するうえで、強力なパフォーマンスを発揮する本です。

コーチングのセッションを通しても感じることですが、やはり「どれだけ多くの視点で自分に問いを投げかけられるのか」ということがより良い行動をとるための、大きなポイントだと思います。なので、この本は、ずーっと手元に置いて、何度も読み直す本になることでしょう。久々に見事な本に出会うことができました。

|

« 暗黙知の次元 | Main | 伊藤賢さん ワークショップ開催! »

Comments

kanaさん、コメントありがとうございます。
「選択しないことになるものに与える影響を最小」にするというのも、なるほどと思います。
要は、その人なりの判断基準を、どう確立しているのかというところになるのでしょうね。

Posted by: NERO | April 23, 2005 at 08:49 AM

NEROさん、こんにちわ
本屋さんで、本を物色していると、目に飛び込んできたので、思わず買ってしまいました。
たしかに、この本は、決断する際の思考プロセスについて述べた本ですね。
私なりには、どちらも正しいものから、どちらかを選択しなければならないときは、
選択しないことになるものに与える影響を最小とすることに最大の努力を払う必要があるのだと理解しました。
あと、「君主論」を読んでみたくなりました。

Posted by: kana | April 21, 2005 at 10:14 PM

ぱぱんさん、おひさしぶりです。
「1分間意思決定」はシンプルでいい本ですね。
たしかだいぶ前に記事にしたような・・・(わすれちゃいました(汗))

「彼はいかにしてマネージャーからリーダーへと成長したか?」は気になっていたんですが、そうですか。ぱぱんさんがオススメなら、読んでみます。ご紹介、どうもありがとうございます。

Posted by: NERO | April 13, 2005 at 11:54 PM

どうも、久々にコメントさせてもらいます。

「リーダーシップ」と「決断」について、下記の2冊がオススメです。
(既知なら失礼しました・・・)

・彼はいかにしてマネージャーからリーダーへと成長したか?
・1分間意思決定―決断力がつく6つの秘訣

2冊目の著者は注目です。
(やはり、昔から素晴らしい書籍を出版していますね)

Posted by: ぱぱん | April 11, 2005 at 10:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 暗黙知の次元 | Main | 伊藤賢さん ワークショップ開催! »