« 40歳からの仕事術 | Main | 暗黙知の次元 »

亞さんの「「地火明夷」易経新シリーズ」

亞さんの日記にコメントをつけようとしたら、制限文字数を超えてしまいました。楽天のコメント文字数制限って、結構厳しいんですね。

そういうわけで下記は、亞さんの司馬遷の「人生を怨んだか」~「地火明夷」易経新シリーズへのコメントとなります。詳細はまず、上記リンクの日記をお読みください。

で、ここからがコメントですが・・・
現代的な考え方からすれば、多くの民衆に益をもたらした武王のほうが、自己の信条のために国政を投げ出した兄弟よりも、社会的貢献度は高いように思います。ですが、「仁」の持つ重みが今とは全く異なる古代中国であれば、伯夷・叔斉にとってみれば隠遁生活は殉教にも近いものだったのではないかと思います。詩はあのとおりですが、武王のことを嘆いても、世を恨んでいるようにも思えないのですが、どうなのでしょうね。

また。伯夷・叔斉が殺されそうになったところを、太公望(or民衆の声なき声)に助けられたのに対し、司馬遷は刑を免れなかったということを見ると、両者の間には「徳」と「引き際を知る」という点で大きな差があったのではないかとも思えます。「伯夷・叔斉は人生を怨んで死んでいった」と司馬遷が書いているのは、おのずと司馬遷自身の器量が伯夷・叔斉のそれに及ばないことを示しているようにも思えました。

天がどう、神がどうという前に、本当は自分が見るべきものを見ているかということを考えることが大事なのでは、ということを感じました。でも、難しいですけれどね。岡目八目の時にはそういえますけど、いざ自分のこととなると言っている通りにはならないのが人間です。そういう弱さも、それはそれでわかります。

ってここまで書いて気がつきましたが、いくらなんでもこれではコメントとして長すぎますね。

|

« 40歳からの仕事術 | Main | 暗黙知の次元 »

Comments

うーん。そんなに深い命題だったんですね。
道理で、考えれば考えるほど、いろんな側面が見えてきました。その考える工程が、なかなか楽しいのですよね。

Posted by: NERO | March 01, 2005 at 11:11 PM

わー!
ご紹介、ありがとうございます!

この命題、古代から引き継がれた議論です。

私自身がその時の自分の精神・肉体条件によって思いが変わります。

>天がどう、神がどうという前に、
>本当は自分が見るべきものを見ているかということを
>考えることが大事なのでは、ということを感じました。

いや、本当にそうですね!
考えることに価値があるように思われます。

Posted by: | February 28, 2005 at 11:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23925/3119772

Listed below are links to weblogs that reference 亞さんの「「地火明夷」易経新シリーズ」:

» 司馬遷の「人生を怨んだか」〜「地火明夷」易経新シリーズ8./山... [亞の玉手箱]
 易経シリーズ「地火明夷」8.伯夷・叔斉は人生を怨んだか〜司馬遷の「天道是か非か」★この日記は“易占い”の解説ではありません★「自分で読めるようになる易経」を、... [Read More]

Tracked on February 28, 2005 at 11:01 PM

« 40歳からの仕事術 | Main | 暗黙知の次元 »